So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

友禅染をポップな現代アートに 外車ショールームで展示会(産経新聞)

 伝統の友禅をポップな現代美術として楽しんでもらおうと、京都市右京区の外車販売店で、ショールームを会場にした展示会「Pagong〜新しい世界〜アート展」が開催されている。

 京都市右京区の友禅染製造販売会社「亀田富染(とみせん)工場」の亀田和明社長が「伝統文化を後世に残していくため、なにかパワーのあることを」と企画した。

 会場では、青や赤、黄など斬新な色づかいのポップな友禅が天井からつるされ、華やかな雰囲気に。Tシャツ型に切り取られた友禅が高級スポーツカー「フェラーリ」に張られるなどインパクトのある作品に、来場者は驚いた様子で見入っている。

 大阪市のアパレル業、前田直子さん(36)は「つるされた友禅のインパクトがすごかった。こんなに斬新な友禅を見るのは初めて」と話していた。

 20日まで。入場無料。

【関連記事】
京都の「赤」、パリに咲く 若手作家が作品展
彫刻の森 来月初旬に3000万人突破へ 彫刻の野外展示の先駆け
【アートカフェ】奇抜なシャンデリア
「咲くやこの花賞」ソプラノ歌手・石橋さん、作家・万城目さんら
地下通路で現代アート展 札幌、市民らが競演

<一宮殺人未遂>「黒い服の男」目撃…現場そばで数日前から(毎日新聞)
社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決(産経新聞)
<恐喝容疑>アート前会長から現金、芸能事務所前社長を逮捕(毎日新聞)
2新党、山梨で自民候補支援=平沼氏ら「反民主」で連携(時事通信)

首相動静(6月1日)(時事通信)

 午前7時20分、公邸発。「民主党内で首相の退陣を求める声が高まっているが」に「国民の暮らしに何がベストか考え、新政権にふさわしく行動したい」。同23分、官邸着。同24分、執務室へ。同28分、同室を出て、同29分、閣僚応接室へ。同31分、閣議室に移り閣議開始。同50分、閣議終了。同51分、同室を出て、同52分、執務室へ。(了)

民主代表選 菅氏「無限に借金が増える方向ただす」(毎日新聞)
鳩山首相、福島氏を罷免へ=社民は連立離脱不可避(時事通信)
「家計の足しに」気軽なネット副業、トラブルも(読売新聞)
首相動静(5月28日)(時事通信)
【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(上)「総理 なぜ決断できぬ」(産経新聞)

学生数の公開義務付け=大学・短大に、来年から―文科省(時事通信)

 中央教育審議会大学分科会は26日、全国の大学と短大、大学院に学生数や教員数などの情報公開を義務付ける学校教育法施行規則改正を了承した。文部科学省が改正規則を制定し、来年4月に施行する。
 大学の経営悪化につながる可能性がある定員割れなどの重要情報は、これまで実質的には公表義務がなかったが今後は明らかにされる。
 改正規則では、定員や入学者数、在学者数、就職者数など学生に関する情報のほか、教員数や教員の学位・業績などをインターネット上や機関誌に掲載することを義務付ける。 

【関連ニュース】
朝鮮学校除外なら「差別」=高校授業料無償化で国連人権弁務官
6月に若者支援ビジョン=政府
大学生への「給付奨学金」創設を=経済力による格差是正
ベネッセ、教育情報サイトを一本化=ユーザーの要望受け
朝鮮学校除外に懸念表明=高校無償化で

残間里江子さんが学長就任記念講演 大手町Newsカレッジ(産経新聞)
普天間対応、連立の是非協議=社民が緊急両院懇(時事通信)
<公明党>景気対策の骨子発表(毎日新聞)
<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)
女性アナ派遣見送り サッカー南アW杯(産経新聞)

高速道の新割引 6月断念を表明 国交相(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は18日の閣議後会見で、普通車で上限2000円などを柱とした高速道路料金の新たな割引制度について、6月実施を延期することを表明した。国会で関連法案の審議が遅れているためで、法案が成立するまでの間、土日休日の料金1000円割引など現行の制度を継続する。

 新たな割引制度については、一部の高速道路で実施する料金無料化の社会実験と同時に実施する予定だった。無料化の社会実験は予定通り6月下旬に実施することを強調した。

 高速道路の新たな割引制度では、一般の高速道路で軽自動車が上限1000円、普通車が上限2000円、中大型車が上限5000円に設定。それ以上の料金がかからない仕組みになっている。一方で現行の土日1000円割引などは廃止され、現行制度よりも割高になるとの批判が多く、関連法案の審議が進まなかった。

【関連記事】
東名阪道で紙幣ばらまく 277万円回収、男性保護
高速道連結「国策1位」に 9県が国交省と民主に要望
高速整備で共同アピール 鳥取、岡山の両県知事が会議
通行券をSAで交換 トラック運転手が高速「キセル」
【週末に想う】高速道路渋滞に愚策を見た 小林静雄
中国が優等生路線に?

「関西広域連合」設立同意案の提出見送りへ(産経新聞)
乳児虐待の男を再逮捕=妻にも暴行、傷害容疑−福岡県警(時事通信)
受信料未収者に強制執行の予告通知 NHK(産経新聞)
<風景画>ストラスブール美術館所蔵展内覧会 東京・渋谷で(毎日新聞)
熱中症で男児死亡、母親を逮捕=車内に放置しパチスロ―高知県警(時事通信)

ドジョウが原告「当事者能力なく不適法」と判決(読売新聞)

 東京都東久留米市の落合川で行われた都の河川改修工事で、市民4人が川に生息する絶滅危惧(きぐ)種「ホトケドジョウ」を原告に加え、都を相手に原状回復などを求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。

 豊かな生活環境を享受する利益が侵害されたなどとする住民の主張に対し、石井浩裁判長は「法律上保護される利益に該当しない」として、訴えを棄却した。

 問題となっていた工事は、都が水害対策などを目的に、同市中央町周辺で蛇行していた旧落合川の一部を埋め立てるとともに、新たに直線状に掘るというもの。

 判決では、ホトケドジョウや川を原告にしたことについては「当事者能力を有せず、不適法」とした。

 判決後、原告団長の渡部卓さん(75)は、「(訴えの詳しい)中身について一切言及がないのはとても残念。控訴も含めて、今後の対応を検討する」と話した。都は「主張が全面的に認められ、極めて妥当な判決だ」とコメントした。

【歴史に消えた参謀】吉田茂と辰巳栄一(8)英国情報が「事変」を変えた(産経新聞)
物品購入で不正経理3295万円=09年度会計監査まとめ−警察庁(時事通信)
舛添氏「国民は自民党政権望んでいない」(産経新聞)
放鳥トキ、産卵か=3組目、卵確認できず−環境省(時事通信)
豊田高1殺害、遺留品と同製品購入した人物追う(読売新聞)

大阪・住之江で路上強盗(産経新聞)

<民主党>桂きん枝氏を擁立へ…参院選比例代表(毎日新聞)

 今年夏に行われる参院選比例代表に民主党が、落語家の桂きん枝氏(59)を擁立する方針であることが分かった。同党関係者が明らかにした。民主党は14日にタレントの岡部まり氏(50)を大阪選挙区(改選数3)から擁立することを発表しており、関西地方で知名度の高いきん枝氏の擁立で比例票でも上積みを狙う。

 きん枝氏は大阪市城東区出身で、吉本興業に所属。上方落語協会理事を務めており、舞台やテレビ番組で活躍している。

【関連ニュース】
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
桜を見る会:足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で
仙谷担当相:衆参同日選の可能性言及 鳩山首相退陣の場合
鳩山首相:普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で

日本から韓国へ鯨肉密輸? =米研究者ら調査チームが指摘(時事通信)
兜町の覆面強盗3人逮捕(産経新聞)
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状(産経新聞)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)
<村本博之さん>18日に葬儀 東京・南青山(毎日新聞)

「葉っぱはキャベツ、根は大根?」 キャベコン展示に人気(産経新聞)

 奈良県大和郡山市額田部南町の県フラワーセンターで、根はダイコン、葉はキャベツの「キャベコン」が展示され、2種類の野菜が1つになった不思議さが、来場者の目を楽しませている。

 同センター総括研究員の棚田一治さん(62)が、植物の不思議さ、面白さを伝えようと昨年8月から栽培に挑戦。キャベツとダイコンの苗を葉の下で切り、ダイコンの苗の上にキャベツの苗を接合して育てた。成功率が低く、今回は約150株を接ぎ木したが、無事に育ったのはわずか10株だった。

 キャベツ部分はキャベツの、ダイコン部分はダイコンの味がし、花はキャベツの花が咲く。つぼみもゆがいて食べることができる。棚田さんは今後、葉ボタンにダイコンをついだ「ハボコン」やブロッコリーにダイコンをついだ「ブロッコン」を作りたいと考えている。

 訪れた同市の主婦、黒田陽子さん(62)は「キャベツもダイコンも立派に育っている。本当に不思議で感動した」と話していた。

【関連記事】
東京駅に“新名所”がオープン!食と雑貨の新商業ゾーン
農業の魅力 若者に広めたい 映画「ViVA!kappe」 
究極の春を! 農家レストランで新鮮春野菜 
ファーストクラスに信州産食材 JAL国際線機内食で登場
崩壊する家庭の食卓崩壊…「好きな物を好きな時間に」の意味すること

「花祭り」の甘茶で気分悪く…児童45人吐く(読売新聞)
新党、月内結成へ=与謝野、園田氏−平沼氏との連携も(時事通信)
文化・観光でワンストップ窓口=外国人客誘致へパリなどで試行−政府(時事通信)
新しさ感じぬ=共産・市田氏(時事通信)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。